【セミナー】《プレゼン資料公開》逗子文化プラザ市民交流センター主催「小商いのための補助金活用セミナー」(平成29年9月10日)

投稿日:2017/09/10

平成29年9月10日に開催した、下記補助金活用セミナーのプレゼン資料を、ご参考までに、公開いたします。

 

ご参加いただいた皆様、ご主催いただいた逗子文化プラザ市民交流センター様、大変ありがとうございました。

 

【セミナー資料(PDF)※クリック】

 

————————————————————————————————–

 

逗子文化プラザ市民交流センター主催によるソーシャルビジネス講座において、

「小商いのための補助金活用セミナー」

と題して、当事務所が講師となり補助金活用の考え方についてお話することになりました。

 

 開催概要 

日  時: 9月10日(日)14:00~16:00(開場:13:45)

場  所: 逗子文化プラザ市民交流センター 第2会議室

費  用: 500円

定  員: 先着20名

対  象: 小商いをはじめたい方、興味のある方

託  児: あり(子ども一人につき500円)※開催日前日までに要申込み

主  催: 逗子文化プラザ市民交流センター

協  力: 逗子市

 

※営利・非営利及び法人格を問わず、モノやサービスの提供の対価により事業収入を得て自立的に展開している、地域に根ざした事業者の方を想定してお話しする予定です。

 

 お申し込み 

平成29年8月2日(水)9:00から

逗子文化プラザ市民交流センター 窓口・電話・FAX・メールで受け付けています。

 

申込用紙ダウンロード

チラシダウンロード

 

 

 

 説明内容について 

行政からの資金支援は様々な形態のものがありますが、今回のセミナーで扱う「補助金」は、申請要件を満たした者全員がもらえる形態のものではなく、要件を満たした者の中から、さらに審査により採択者が選定される形態のものを想定しています。

 

申請要件の充足が「ゴールではなくスタートライン」である、あるいは、採択の合否が「絶対評価ではなく相対評価で決定される」ような補助金と言うとわかりやすいかもしれません。

 

また、こうした補助金の特徴として、現状から一歩進める新たな取り組みが対象となっている、費用の全額ではなく一部補助で自己負担が発生する、募集期間が限られている、といった傾向があり、申請にあたり事前の準備が必要になってきます。

 

採択までたどり着くのはなかなか狭き門なのですが、本セミナーでは、申請に対する考え方や取り組み方、そして、どのように補助金を活用したらよいか、また、審査のポイントや加点される取組、資金提供側はどういう思いで補助事業を実施しているか、さらに、補助金採択による意外と知られていないお金以外の効果(本当はこちらがメインの効果!?)といったことをお話しできればと考えています。

 

以上、ご参加いただけると幸いです。(先着のようです。)