【統計】地方創生の様々な取り組みを情報面から支援する「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」のご紹介

投稿日:2017/05/16

先日は、総務省統計局の「統計ダッシュボード」についてお知らせしましたが、

本日は、経済産業省と内閣府地方創生推進事務局が提供している

「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」のご紹介です。

 

「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」は、産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約して可視化したシステムで、グラフや日本地図上に動きのある図などが現れ、直感的にデータを把握していくことができます。

 

適当に操作してみるだけでも、動きがある画面が出てきて、結構おもしろいです。

 

「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」サイト

https://resas.go.jp

 

地域の活性化を目的とした事業計画の立案・実行・検証のためなどに、広く利用されてきているようです。

 

 主なマップ 

人口マップ

地域経済循環マップ

産業構造マップ

企業活動マップ

観光マップ

まちづくりマップ

雇用/医療・福祉マップ

地方財政マップ